4/14かすみがうらの準備

2019-06-12

はじめに

 ブログは1週間に1記事位は書きたい。

 本日(4/7)は、次のかすみがうら(4/14)まで1週間前です。準備したり疲労抜きしたりする頃です。ブログの副題の通り、未来を変えたくて始めたマラソン。結果はどうあれ、投資できる練習量がどうあれ、大会の一つ一つを真剣に取り組むのです。

先ず、Garmin Foot Podを導入

 導入してみました。Foot Pod。正確なペース測定のためです。昨今ではGarmin時計のGPSでもペース測定できるので、トンネルや屋内トレッドミルでないなら、そんなの不要じゃない?感はあります。しかし、野外でも木陰などではGPS電波が弱まるのか、コースによって測定値が結構ぶれてるのを確認してます。恐らくは、大雑把にとらえるなら、GPSで十分。しかし、緻密さではシューズにつける加速度センサーが有利。

 なので、加速度センサーで瞬間ペースを正しく捉えられるであろう正確性を期待しての導入。これで、何がしたいかというとペース感覚を身につけたい。自分は休日走ってますレベルのおっさんですし、陸上部の選手が練習してるような理想的なトラックを使える機会は滅多にありませんので。( ̄▽ ̄;)

10km BU走 X 2

 

 先ず、土曜日に約10kmのBU走です。悩み悩みでメニューは以下としました。

  • 0~2km:Warm up(自由に走って身体を温める)
  • 2~5km:6″00 ⇒ 5″45 ⇒ 5″30 でBU
  • 5~8km:6″00 ⇒ 5″45 ⇒ 5″30 で2回目のBU
  • 8~終わり:Cool down(自由に走って身体をほぐす)

 Garmin Connectでメニューを作成し、時計にダウンロードすれば、距離ごとにアラートして、メニューをお知らせ、ペースから外れてもアラートしてくれます。Garminさん、本当に便利っす。

 さて、BU走は、全力で走れ!的なインターバルと違って、設定ペースがあり、アナタそのペースで走れてますかね?というのが課題になってきます。もう一つ。2回に分けたのは、走り始めの1回目と体調の変わる2回目でのペース感を比較するため。

BU走の振り返り

 走ってみると、私の身体としては5″30位で走りたいようで、油断するとその位のペースに戻ってゆきます。しかし、このペースで20キロ以上走ると、筋肉がお疲れになって継続できなくなってくるんですよね。一方で 6″00だと、ちょっと遅い感があり、無難な所で 5″45 が大会ペースになりますか。

 後、1回目と2回目では体感ペースと実測ペースにズレが出ていました。エイドに立ち寄る、坂道通過時などは前後で疲労感に差が出やすいタイミング。要注意ですね。

5km ペース走

 続いて、時計のアラート機能に頼らずに5″45で走る練習です。土曜日に実施。

 平均で5″42には収まりましたが、グラフで見ると乱れますね。Stravaだと、マップの軌跡とリンクしててどこ辺でどう落ち込んだかがわかりますので、その時のペース感とフォーム感を思い出し振り返りつつ、本番に挑もうかと思います。

距離別の目標タイム

 足が吊ったり、痛くなったり、腹をくだしたり、、、、レース本番が思い描いた通りに進む方は殆どおられないかとは思いますが、早い遅いはどうあれ、自分の理想像は設定しておきたい。上記のような流れを理想として、30kmを2h52mでの通過を目安に。
 天候も不安ですね。結構暑いかもなぁ。。。